OKI'S DIARY 2019
このペ−ジはOKI自らが綴るコ−ナ−です。内容は随時更新されます。OKIが発信する生のメッセ−ジを感じて下さい。
感想や反響はファンメ−ルにてお願いします。

#611  201936()
『旅人の詩』リリースまであと4週間

前回のダイアリーから約10日ぶりの更新。
一週間ほど西日本方面をあちこちぶらぶらして、一昨日東京に戻ってきた。
旅先では少し仕事の日もあったのだがそれも実に素晴らしい体験が出来て、
それ以外の日は基本的に縛りも何も入れない気ままなぶらり旅。
一人で城歩きや神社巡り等するのが好きなので、気の向くままにゆるゆると。
全く知らない初めての場所や知らない道は常に浪漫を掻き立てられて面白い。

途中、寄り道して岡山の吉備津神社と吉備津彦神社にお詣りしたのだが、
吉備津神社の境内にある一童社には学問・芸能の神様が祀られているそうで、
早速のご利益なのか、この翌日と翌々日に2日続けてナレーション仕事の
オファーが舞い込んだという()なんともありがたい話も。

で、東京に戻ってから昨日早速そのナレーション仕事2本のうちの1本を
録音しに行ってきた。もう1本の方は来週録音する予定とのこと。
どちらもオンエアがまだずいぶん先のことなので内容は言えないのだが、
意外性というか、オンエア見たらおぉっ!?って驚かれるんじゃなかろうか。

それにしても、縁が縁を呼んでというか、人や物事が繋がってというか、
仕事というのは本当全てやってきたこと一つ一つの積み重ねなんだよなぁと
あらためて感じる。明らかに良縁に恵まれて人生支えられているなぁと。
よく言うのだが、こういうフリーランスな生き方を自ら選んでいる以上は
「需要があるうちが華」であって、当然のことながら将来の保証など何もない。
二十歳そこそこの頃からずっとそういう環境に身を置いて生きてきて、
この歳になった今にしてもまだ初体験の仕事や新しいトライの機会を得られる
というのは本当にありがたく、そして面白く、心が燃えてワクワクする。
人生訓などと呼べるものは特にはないが、「思想と志を捨てないこと」と、
やるかやらないか迷った時は「迷ったらゴー!」でやる方を選ぶ、ぐらいか。
それだけで充分浪漫に満ちた清々しい人生を歩いていける気がするよ。

さあ!ということで3月も早や2週目。『旅人の詩』発売まであと4週間。
――この作品にしたって結成35周年にして初めてのバラード集なんだもんな。
昔からの念願でもあったので凄く嬉しいし、作品として世に残せて感無量だよ。
ぼちぼち取材やらキャンペーンやらあれやこれやで日程調整もバタバタと。
来週にはツアーのリハも始まり、317日にはツアーの前哨戦ともいえる
名古屋ハックフィンでのライブも控えている。グワッと熱く燃えたいね!
一方その前に来週明けの月曜は東日本大震災から8年となる3.11を迎える。
8年という時間が長いか短いか一人一人感覚が違うと思うけど、俺の中では
深く触れ合った彼らの心に寄り添う気持ちは今も全くもって変わっていない。
今年も少しでも多くの笑顔と元気な顔に会えたらいいな。また来週だね。
ひと雨ごとに春が近づくこの季節。まずは今日も一日を全力で生きあげよう!

☆Facebook https://www.facebook.com/thestreetbeats/
Instagram https://www.instagram.com/thestreetbeats_official/
Twitter https://twitter.com/thestreetbeats
☆Victor http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A000926.html
Chronicle YouTube https://youtu.be/lO3auXd8iHs
☆Memorial Live YouTube https://youtu.be/ZjKM8hpLA6A




     

Copyright 1998-2019 (C) THE STREET BEATS / NEOVISION
All Right Reserved