OKI'S DIARY 2019
このペ−ジはOKI自らが綴るコ−ナ−です。内容は随時更新されます。OKIが発信する生のメッセ−ジを感じて下さい。
感想や反響はファンメ−ルにてお願いします。

#609  2019217()
静と動の織り成す彩

CDジャケット周り、ブックレット等のデザインに関するやり取りも一段落。
音源完成後のこうしたアートワークへの参加も作品作りの楽しみの一つだ。
無事全てが入稿され、一応これでCD自体の制作周りの仕事はひとまず完了。
トレーラーがまだ進行中だが、とりあえずCDについては納品日を待つのみ。
楽しみだなぁ、完成品を手にするのも、みんなに聴いてもらえるのも。
43日といえばまだまだ先の話ではあるけど、とは言え2月も早や下旬、
『旅人の詩』リリースまであと6週間ちょっと。楽しみに待ってて下さい。

そういえば今回の『旅人の詩』のジャケやフライヤー等のビジュアルイメージ、
すごくイイ感じじゃない?今までやってそうでやってなかったパターン。
このバラードアルバムの制作が決まって、作品名が『旅人の詩』に決まって、
今回はこの写真のこの雰囲気が合いそうだなと、すぐにイメージが広がった。
まるで今回の作品のために今までこれを温めていたんじゃないかと思う程。
やはりタイミングには必然というものがあって、物事成るように成ってるなと。
結成から35年という長い旅路の流れを「ずっと歩んできた感」を醸し出せて、
尚且ついつものダイレクトな熱さではない、ビーツの持つバラード的な質感で、
そして何処かノスタルジックな雰囲気を醸す淡い渋みや侘び寂び感があって。
例えれば単館上映の雰囲気のある古い洋画の短編映画のポスターのような。
眺めてると自然に「STRONG TIES」辺りのビーツのバラードが聴こえてくる感じ。
静と動の織り成す彩。マストな世界観に仕上げてくれたデザイナーに感謝だ。

冬場はどうしても他の季節に比べてフィジカル面での運動量が落ちがちだが、
半面そこを逆手に取れば、じっくり物事を考えたりイメージを膨らませたり、
自身の内面をアクティブに指向していくことは出来る。それこそ日々是好日。
一つ一つの仕事に意義が見いだせて、その時その時の今を常にベストを尽くす、
そういった仕事を長年続けることができているのは本当にありがたいことだ。

今はツアーの選曲を進めていて、近日メンバー・スタッフに提示するのだが、
なにしろ結成35周年のアニバーサリーツアー、オールタイムビーツだからね。
また一本一本シビレルような熱くて濃厚なメニューをね、パワーが燃え滾って
熱量が溢れて弾けるような、体も心もグワッと燃えて原始の血が騒ぐような、
そんな最高の瞬間を数多く分かち合えるように、着実に準備を進めていくよ。
待ち遠しい春に向けて。晴れ渡る旅空の下でみんなに会える日が楽しみだ

☆Facebook https://www.facebook.com/thestreetbeats/
Instagram https://www.instagram.com/thestreetbeats_official/
Twitter https://twitter.com/thestreetbeats
☆Victor http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A000926.html
Chronicle YouTube https://youtu.be/lO3auXd8iHs
☆Memorial Live YouTube https://youtu.be/ZjKM8hpLA6A




     

Copyright 1998-2019 (C) THE STREET BEATS / NEOVISION
All Right Reserved