OKI'S DIARY 2002
このペ−ジはOKI自らが綴るコ−ナ−です。内容は随時更新されます。OKIが発信する生のメッセ−ジを感じて下さい。
感想や反響はBBSへの書き込みかファンメ−ルにてお願いします。










#702002年12月19日(木)

前回のダイアリー以降かなり厳しい自己管理を課して声のケアに最大限に気を配りながら過ごしてきた。禁酒はもちろんタバコも控え、日常生活でもできる限り発声を控え声帯を休ませる事を心がけた。おかげであの衝撃の京都ライブのように俺の喉のポリープ爆弾が本番のライブで炸裂するようなことはなく、なんとかツアー終盤の名古屋、静岡、ロフトイベント、そして14日の渋谷ファイナルと続いたライブを無事乗り切りそれぞれ目一杯歌いきることができた。きっちりカタキをとる意味でも自分なりの覚悟を決めて臨んだライブだった。最高だっただろ?ライブのMCでも言ったけど今回のことで心配してくれたたくさんの人達には心から感謝してるし、その気持を表わすには何よりもステージで体の底から声をふり絞り魂に響く歌と音を皆さんにたたきつけるのが一番だろう。いつも言ってることだけど俺はライブ一本一本完全に燃焼したいし、ビーツはそれができる最高のロックンロールバンドだ。そしてライブはビーツとお客さんが互いに魂と熱とパワーをぶつけ合い共に作ってゆく最高の時間だ。2002年残るワンマンは24日の大阪ファイナルのみ!お互いに気合入れて必ず最高のライブにしてやろうぜ。壊れたってかまわないんだ。燃え尽きるまでやってやる!


Copyright 1998-2003 (C) THE STREET BEATS / NEOVISION
All Right Reserved